福岡国際マラソンは川内優希が3位、4位は園田隼?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016年12月4日の福岡国際マラソンは川内優希が見事日本人トップ、全体でも3位に入りました。

小雨であまりコンディションはよくなかったですが、タイムは2時間9分11秒でまずまずではないでしょうか。

ふくらはぎの怪我も心配された中でよく走ったと思います。

以下、2016福岡国際マラソンの結果です。

結果

(1)ツェガエ 2時間8分48秒

(2)マカウ 2時間8分57秒

(3)川内優輝 2時間9分11秒

(4)園田隼 2時間10分40秒

(5)メセル 2時間10分48秒

(6)ゾスト 2時間10分53秒

(7)クールセット 2時間10分55秒

(8)バラノフスキー 2時間11分39秒

(9)アスメロン 2時間11分57秒

(10)前田和浩 2時間12分19秒

スポンサーリンク

それよりも驚いたのが4位に入った園田隼

全くノーマークでした。

大会前もあまり話題にあがることはありませんでした。

それもそのはず招待選手でもありません。

そもそもそれまでの自己ベストは2時間17分40秒です。

それが今回の福岡国際マラソンのタイムは自己ベストの2時間10分40秒。

今までのベストは2時間17分40秒でしたので、なんと7分も更新したことになります。

ここで以下に簡単なプロフィールを記します。

生年月日:1989年4月5日(27歳)

出身高校:熊本国府高校

出身大学:上武大学

所属:黒崎播磨

ベストタイム

5000m 14.05.64 2016.5.28 鞘ヶ谷記録会
10000m 28.53.14 2016.5.21 九州実業団
ハーフ 1.03.00 2016.2.7 丸亀
30km 1.32.00 2013.2.17 熊本
フル 2.17.40 2015.12.6 福岡
フル 2.10.40 2016.12.4 福岡

テレビを見ていて川内優希以外にも期待の選手が出てきたなと感じました。

走り方もちょっと独特です。

ちなみにこれは5000mトラックレースの時の動画です。

今回の福岡国際マラソンでフルマラソンは9回目とのことです。

9回目でやっと結果が出たような感じです。

次の東京マラソンに参加するかどうかわかりませんが、是非参加してほしいと思いました。

年齢も27歳なので、これから伸びていくのではと思います。

川内優希と2人で2017年の世界選手権に出場してほしいですね。

日本陸連もこのような有望選手に大きなバックアップをして欲しいと思います。

まとめ

日本の男子マラソンは今、低迷期です。

そんな中、福岡国際マラソンで日本人2人が3位、4位と入賞したのは少し光明が見えてきたような思いがします。

それも園田隼のように無名だった選手が出てくると、これから先が楽しみになります。

来年のロンドンでの世界選手権で更なる結果を出せば、男子マラソンのレベルが昔のように上がってくるのではないでしょうか。

応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク