管理会社担当者の対応が悪い時、どう対処するか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

管理会社の担当者の対応が悪いという話はよく聞きます。

当マンションでも実際にありました。

そしてあの担当者は良かったという居住者の話も聞きます。

それらをまとめると当マンションでは一定のパターンが見えてきました。

スポンサーリンク

マンション管理会社との契約が長くなる程、担当者の質が落ちていく

当マンションでは20年の間で管理会社を3回変えました。

そして私が理事長になって居住者の話を聞くと大体以下のようになります。

■最初の管理会社

  • マンションが経ってから担当した人が一番良かった。
  • 2番目の人は最初の人よりは気が利かないが問題なかった。
  • 3番目の人は何もしない。私達の話も聞かない。

■2番目の管理会社

  • よく気が利く素晴らしい担当者だった。
  • 2番目は最初と比べると駄目。何もしない。

■3番目の管理会社

  • この人が一番良かった。
  • 2番目は対応が遅い。
  • 3番目は何もしない。

こんな感じです。

どこも最初の担当者は素晴らしいです。

最初から住んでいる居住者を話をすると、未だに最初の人が良かった、と言います。

多分、推測ですが最初は大事だから管理会社の中でも、良い担当者を付けるのだと思います。

そして数年経つと人事異動などがあるので担当者が変わります。

そこから質が落ちていきます。

私は理事長している時、管理会社を2回変えましたので、それが目に見えて分かりました。

最初の担当者は2社とも素晴らしかったです。

でも2番目から急激にレベルダウンします。

管理会社としても契約が長くなってきたら、良い人材は次の大事な管理組合を担当させたいという考えがあるのかもしれません。

これは管理会社の大きい小さいではありません。

実際、当マンションでは2番目の管理会社は地場の小さい会社でした。

そして管理会社の業績が不安定でしたので、次は全国大手の管理会社にしました。

でも大手だからと言って、担当者がよいかと言えば質は変わりませんでした。

最初の人は本当に素晴らしかったのですが、次ががた落ちです。

私は前の素晴らしかった担当者に戻ってくれないかと言いましたが、さすがにそれは難しいとのことでした。当然ですけど。

でもそれほど差が激しかったのです。

これをクレームとして管理会社に言っても、すいませんというだけで何も変わりません。

そして数年して人事異動で担当者が変わりましたが、更にレベルダウンしてしまいました。

まとめ

マンションの居住者は管理会社というより担当者を見ます。

なぜならそこが窓口だからです。

だから担当者でマンション管理が左右されることがあります。

対応がよければいいですけど、悪ければマンション環境が悪化します。

マンション管理会社もそれはわかっていると思います。

実際、教育は非常に難しいことです。

それでも管理組合の大事なお金を払って契約していますので、管理会社担当者の質の向上には一番力を入れてほしい。

多くのマンション居住者がそう思っているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク