いつも挨拶をしていれば、いつかは挨拶を返してくれる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

bangkok-682056_640

マンション内で普段から仲の良い居住者とは当然のようにお互い挨拶をします。

しかし、そうではない人にはこちらから挨拶しても、何も言わない人が結構います。

そのような時、あなたはどうされていますか?

スポンサーリンク

悪気があって挨拶をしない訳では無い

最初の頃はこっちが挨拶しているのに返さないので、

「気分が悪いな」

と思っていたものでした。

だからと言って次に会った時に挨拶しないのは、人間が小さく感じてしまうので、相手が返さなくても、毎回会うたびに挨拶をしていました。

そのような居住者が私の周りには数名いました。

でも別に嫌な人たちでもありませんし、悪い噂も聞きません。

だから毎回挨拶しても気にすることもありません。

ただ人として当たり前の事をしているだけです。

そうして理事長になってから、1年程経った時のことです。

挨拶が返ってきたのでとても嬉しかった

ある日の朝、会社に行くために家を出て1階エントランスで居住者と会いました。

その方は男性でこちらから挨拶しても返さない人でした。

でも私はいつも通り

「おはようございます」

と挨拶をしました。

すると相手から

「おはようございます」

と小さな声ですが、挨拶が返ってきました。

私は一瞬、

「えっ」

と思いながら、マンションの敷地外に歩いていきました。

そして思いました。

「なぜ、急に挨拶を返したのだろう?」

「何かあったかな?」

などいろいろ推測をしていたのですが、その内何だか嬉しさが出て来ました。

やはり挨拶を返してくれると、自然と嬉しくなるものです。

その日は何だか非常に気分が良かったことを覚えています。

私の推測ですが、挨拶を返すにも普段から自然なやり取りをしていなければ、なかなか難しいものではないかと思います。

相手は悪い気があって挨拶を返さないわけでなく、返すタイミングがなかったんだと思います。

その方とはその後はいつも挨拶を交わします。

雑談話をするほど仲良くなってはいませんが、自然と挨拶だけは交わしています。

そして私は思いました。

「ずっと挨拶をしていて良かった。」

最後に

マンションは様々な人が住んでいます。

コミュニケーションが得意な人、そうでない人、イベントに積極的に参加する人、そうでない人。

いろいろな人が住んでいることをまずは把握し、居住者と接する事が必要です。

接する上で基本となるのが挨拶。

でも挨拶もすぐ出来る人と、スムーズに出来ない人がいることを理解しなければいけません。

そして挨拶の返しがないのであれば、それでも腐ることなく挨拶を続けましょう。

仲違いでもしていない限り、きっといつかは挨拶を返してくれると思います。

なかなか挨拶してくれない人から挨拶されたらとても嬉しいものですよ。

そしたら今までのモヤモヤも吹っ飛びます。

私の中にはまだ数名、挨拶を返さない人がいます。

でもいつかは返してくれるものと信じて、これからも挨拶していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク