大臣の外遊の真相!飛行機はファーストクラス?で費用がヤバすぎ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

国民の税金を費用にして行われる外遊。

納めた税金は国のために使ってほしいものですが、外遊とはいったいどういうものか気になる方も多いはずです。

辞書では、政治家や公人が外国訪問に対して使われる言葉で留学や研究、視察などを目的とすることとあります。

ただ毎年何の目的で外遊しているのか、どのような成果が出たのかが不透明で、政治記者の記事では批判的な意見も多いようです。

決して遊びに行っているわけではない、と思いたいのですがその真相はいかに・・・

遊びで税金使われてしまうなんて国民の反感を買いますからね。

しっかり視察してきてほしいものです。

出来れば何しに行くかを明確にしてほしいものですけど・・・

さてそんな外遊に使われる費用や移動手段、今年のGWの外遊先はどこ?といったところをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本の全ての大臣が2017年GW中に行う外遊先は?

外遊は長期休みを利用して行われることが多いです。

特にGWや夏休みに集中して各大臣が外遊します。

2017年のGWはどこに行くのでしょうか?

残念ながら情報はまだ揃っておりませんが、安倍首相はGWの外遊を中止しています。

北朝鮮との緊張状態もあり、有事の際すぐに動けるような体制をとると思われます。

しかしながらそんな中、森友問題で物議を醸しだした稲田防衛大臣は防衛大臣であるにも関わらずそっちのけで外遊するようです。

5月上旬にベトナムを訪れ、日程が整えばさらにそこからタイへ訪問するそうですよ。

訪問される側もこんな状態で本当に来るのか?と思ってるのではないでしょうか。

北朝鮮問題がある中有事の際に、防衛大臣が居ないということは前代未聞かと思われますがどうするつもりでしょうか。

必死で日本を守ろうとする自衛隊員が可哀そうでなりません。

ただ安倍首相が中止している以上何らかの動きはあると思われます、というか中止した方がいいんじゃない?と思いました。

その他の大臣がどこへ行くかは情報が出そろい次第、またまとめたいと思います。

全ての大臣の飛行機はファーストクラス!?その真相は?

大臣の外遊の移動手段ですが、皆様のご想像通り、ファーストクラスをご利用になられます。

もちろんVIP待遇です。

入管や税関もパスして優先的に乗せてもらっているようですよ。

舛添元知事の時もこれは大きく取り上げられ問題となりました。

ファーストクラスで移動って往復数百万かかりますから。

税金使ってでもVIP待遇させるのであればそれなりの成果は出ているはずですよね。

出てなければ国民は怒っていいと思います(笑)

また同行する議員はビジネスクラスでの移動だそうですよ。

ちなみに内閣総理大臣の場合は民間機ファーストクラスではなく、政府専用機での移動となります。

天皇が移動手段として使用する専用機と同じもので、移動する際は2機同時に飛ばすそうです。

これは1機が何か事故があった際、予備である2機目に移動するためとのこと。

スケールが本当にすごいです。

内閣総理大臣となると国のトップですから、ここまでのスケールはあってもいいと思いますね。

全ての大臣の外遊時の費用が気になる!

豪華な外遊ですが、そのかかる費用はトータルいくらなのか。

気になりますよね。

去年、安倍内閣での外遊トータル経費が話題となりました。

2012年12月以降計41回外国を訪問、約5000人が安倍首相に随行しかかった費用は

トータル約88億とのことです。

1回あたり2億の計算でいいかと思います。

このレベルの税金を使うのであれば物見遊山で海外へというのは許せないことです。

もし遊びに行くなら自腹で行ってほしいものです。

安倍内閣は特に外交の下手さに問題があるというのに、ここまで費用かけて得るものが無ければ自粛してほしいものですね。

その他、大臣の細かな費用などは報告されていませんが、1人あたり数百万はかかっていると思われます。

まとめ

とにかく今は有事の可能性があるので、外遊は少し慎重になった方がいいのでは?と思います。

まあいずれにしても国民の税金が正しく使われることを祈るばかりです。

上手に使えば国民の支持率も、もっと上がるかと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク