管理会社の精査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

管理会社の担当者が怠慢と思っても、すぐに契約終了とかは簡単に出来ません。

面倒な手続きが必要です。

相手も仕事を簡単になくさないように、契約書と法律で抑えるところは抑えています。

管理会社との契約は1年単位です。

しかも6月に契約更新したばかりなので。

そもそも理事会や管理組合が機能していなかったので、管理会社担当者とのコミュニケーションも成立していませんでした。

そこで当理事会は管理会社に対し、下記の事を通達しました。

  • 来年3月まで理事会が業務遂行のチェックを行う
  • その結果、対応不備があった場合は管理会社変更の臨時総会を4月に行う
  • 上記決議が通った場合、6月の通常総会で管理会社変更を行う

上記を通達したら急に管理会社担当者が動き出しました。

会社も本人も危機感を感じたのだと思います。

でもしばらくすると元に戻りました。

理事会が積極的に動き出したので、管理会社に依頼することはあまりなくなったのです。

私達、理事会は居住者に向かって問題点や質問などがある場合は、毎月1回理事会を開催しているので、そこで連絡してもらえればいいですよ。とか普段会ったときに話せばいいですよと、通達をしていたのです。

それも掲示板だけでなく、1戸1戸玄関に投函しました。

掲示板はほとんど居住者は見ません。

見て下さいといっても、見ません。

私も18年間見ましたかと問われても、ほとんど見たことがないと答えます。

なぜなら興味がないし、代わり映えしないからです。

それよりもいつもとは違う形式で通達することが必要と思い、役員一覧表と合わせて1戸1戸理事会役員が手分けして配布することにしました。

そしたら居住者は理事会を見ます。

理事長は誰、役員は誰と居住者に浸透しますので、お互いが話がやりやすくなります。

そういう活動をすれば管理会社担当者に依頼することは少なくなります。

電球切れさえも理事会に言ってくるようになりました。

でも私達は率先して交換するようにしました。

だって何も難しくないですから。

逆に気づかない箇所が見れて勉強になることと、居住者との話をするきっかけになりますので。

なので理事会としては管理会社との契約書に記載してある業務を、滞りなく遂行しているか純粋に厳しくチェックしました。

管理会社担当者にも契約書に書いてること以外はする必要がないので、ここの記載されていることだけしっかりやってね、と言いました。

そして3月、不備が大量に出て来ました。

当マンションには理事会や総会を開催する部屋があるのですが、この部屋を毎月掃除するとあるのに、1回もしていないのです。

どうもその担当者になってからしていなかったそうで、どうりで汚いなと感じてました。

といいますか、汚さに耐えられないので理事会ですぐに掃除していました。

でも本来は管理会社がしなければいけないのをやっていない、即ち業務不履行です。

長くなったので、次に続く・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク